マイホーム購入を検討中!FPに相談したらお金の悩みや不安が解消した話

生活
スポンサーリンク

あなたが今住んでいる家は一戸建てですか?それともマンション?アパート?
私はアパート住まいなんですが、毎日階段を上がるの疲れるわ、下の階の人に気を遣うわ(息子たちがドタバタ暴れるため)。

マイホームが欲しい!!

元々は妻が言い出したことなんですが、コレ!と決めたら一直線。
毎週のように住宅展示場に足を運んでました。

そんなある日、ハウスメーカーの営業担当さんからファイナンシャル・プランナーの方を紹介していただきました。

そこで今回は、「FPに相談したらお金の悩みや不安が解消した話」について書いていきます。

スポンサーリンク

実際にFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談してきました

FPってどんな人?

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。
ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。
これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

~日本FP協会ホームページより引用~

ファイナンシャル・プランナーって人がいることは知ってたんですが、具体的に何をする人なのかは知りませんでした。
ものすごく簡単に言うと家計のスペシャリストですね。

FPに相談する時に準備しておいた方がいいもの

今回、私たちが相談する時に持参したものは次の4つ。

  • 銀行の通帳
  • 電気・ガス・水道料金がわかるもの
  • クレジットカードの明細
  • 源泉徴収(夫妻)

必ず持参しなければいけないという訳ではなく、毎月何にいくら使ったか、今現在の貯金はいくらか、など自分でお金の流れをしっかり把握していれば必要ありません

上記以外に家計簿をつけている方はそれを持っていくのもアリです。

今後、住宅ローンを支払っていけるかどうか?

マイホーム購入にあたり、1番気になるのは間違いなくコレ。

大きな声では言えませんが、私の年収は300万円以下。妻のパート収入を合わせても400万円もいきません。

今の生活レベルを落としたくないのはもちろん、これから長~い年月、ローンを支払っていけるのか不安な気持ちでいっぱいでした。

FPとの話の内容はこんな感じ。

  • 毎月の家計状況(収入と支出のバランス)が適正か?
  • 今の状況から○○歳の時に推定いくら貯金できているか?
  • 息子たちの教育資金や私たちの老後資金はいくら必要か?

結果的には「大きな改善点はなく、今のままで大丈夫です」と太鼓判を押していただきました!それを聞いて不安が一気に吹き飛び、妻の顔がいつにも増して明るくなったのが印象的でした。



スポンサーリンク

頭金を支払うよりも大事なこと

「頭金を支払う必要はありません」
FPの方のこの言葉はホント衝撃的でした。

長い年月、ローンを支払っていくことを考えると少しでも利息を減らしたいと思いますよね?当然、私もそう考えていました。

では、なぜ頭金を支払う必要はないのか?
こんな話をしてくれました。

貯金をすべて頭金にあてた人の結末

大手自動車メーカーに勤めるAさん。
とても頭の良い方でマイホーム購入時に少しでも利息を減らすため
マイホーム購入のために貯金していた数百万円をすべて頭金として支払い、手元に残ったお金は僅かだったそうです。

2008年リーマンショックによって、自動車メーカーにAさんはその影響で給料が10万円以上も下がったそうです。
その結果、毎月の住宅ローンが返済できず、とうとう家を手放すことに。

リーマンショックから約1年後、給料も元に戻ったそうですが、あとの祭り。
1年間のローンを支払えるだけのお金を手元に残しておけば、と後悔したそうです。

頭金を多く支払った方が良いという考えは金利が高かった時代の話。
今は低金利の為、できる限り、手元にお金を残しておくことが大事だそうです。

スポンサーリンク

頭金を支払った方がいいのはこんな場合

逆に頭金として支払った方がいいのは次の場合。

マイホーム支払い総額 > 銀行の借入金の場合

多くの方が銀行からお金を借りることと思います。
銀行がマイホーム購入資金全額を貸してくれるとは限りません。

銀行によっては、審査が厳しいところも。
このケースでは、手元にお金を残す以前に不足分を頭金として払う必要があります

両親・親戚から援助してもらう場合

バレないんじゃないの?と思う方が少なからず、いらっしゃるそうです。
私もその1人でした。

FPの方に質問したところ、「必ずバレます!」とのこと。
その理由は、引き出しや送金の履歴が残るため

ちなみタンス預金の援助を受けるのは「グレー」だそうです。
と言っても、大きなお金がポンッと入ってくることはあり得ないので、バレそうですけどね。

スポンサーリンク

さいごに

最初は、我が家の家計をFPの方に見てもらう事にかなり抵抗がありました。
しかし、FPの方に相談した結果、

  • 家計状況と今後のライフプラン
  • お金に意味を持たせることが大事(お金の使い道)
  • 息子たちの教育にかかるお金のこと
  • 手元にお金を残しておくことの大切さ

といった生活の上でなかなか知ることができない情報を知ることができると同時にこのままでも十分やっていけることが分かり、不安が一気になくなりました。

マイホームの購入を検討中の方は、ぜひFPに相談してみて下さい!

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それではまた~!



コメント