データ形式が異なる複数の画像を1つに合体して保存する方法

ブログ運営
スポンサーリンク

どうも、kazuです。
情報(ノウハウ)系の記事を書く場合、複数の画像を貼って説明することが多いかと思います。

例えば、次のような時、「複数の画像を1つにしたい!」と思ったことはないでしょうか?

  • 比較する画像を横に並べたい
  • 貼り付ける画像枚数を抑えたい

そこで今回は、Windows標準搭載の「ペイント」を使って、複数の画像データを合体して1つの画像として保存する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

説明の前に

画像データを準備する

まずはコレ。画像データがないと始まりません。
準備する画像のデータ形式は「JPEG」、「PNG」でも良いですが、1つ注意点があります。

それは、「ペイント」で開けるデータ形式であること。そのため、「PDF」のデータは使用できません

使用するデータの基礎情報

説明用に使用するデータはこちら。

 

1枚目2枚目
データ形式PNGJPEG
大きさ739×525640×480

 

スポンサーリンク

複数の画像データを1つに合体する手順

ファイルの開き方と表示の変更

1枚目の画像を選択して右クリック → 「プログラムから開く」 → 「ペイント」をクリック

ペイントで開いた時、デフォルトではルーラーやグリッド線は表示されていません
サイズや位置の調整を行う時、目安となるので表示しておきましょう!

「表示」タブをクリックして「ルーラー」「グリッド線」にチェックを入れるだけでOK。

 

余白スペースのサイズ変更

左上のメニューをクリック → 「プロパティ」をクリック

幅と高さを任意の数値に変更する
【ポイント】2枚目の画像を貼り付けることを考えて大きめに設定すること

【幅と高さの数値変更後の画像】

 

1枚目の画像に2枚目の画像貼り付け

2枚目の画像をペイントで開く

「Ctrl + A」キーで選択状態にする(画像の周りが点線に変わる) → 「Ctrl + C」キーでコピー

1枚目の画像に切り替えて「Ctrl + V」キーで貼り付け
※貼り付け後、画像以外の箇所をクリックしないこと!
 選択が解除されて、サイズや位置の調整ができなくなります。

 

サイズ・位置の変更

■縦と横の比率を維持する「Shift」キーは使用できない。
サイズを変更する時、画像の角をクリックしたままマウスを動かして調整する方が多いと思います。

Excelでは「Shift」キーを押しながら調整すると縦と横の比率を維持したままサイズの調整ができますが、ペイントではそれができません。

そんな時、次の方法で縦と横の比率を維持しながらサイズの変更ができます。

  1. 画像が選択された状態で右クリック → サイズ変更をクリック
  2. 「縦横比を維持する」にチェックを入れた状態で、数値を変更する

例)水平方向を” 70 “にすると、自動的に垂直方向が” 70 ”に変わる

 

余白スペースのサイズ再変更

余白スペースのサイズを再度変更します。変更する方法は次の2つ。
パターン1「イメージのプロパティ」でサイズを変更する

パターン2マウスでサイズを変更する
スペースの右下の角をクリックしたまま動かす

 

【サイズ変更後の画像】

 

ファイルの保存

「F12」キーを押して、名前を付けて保存する

おしまい!お疲れさまでした。

こちらが完成した画像です。

 

スポンサーリンク

使用例(変更前・変更後の比較画像)

元々、左と右の画像はそれぞれ1つのデータでした。それを合体して1つの画像として保存したものです。

 

スポンサーリンク

1つの画像にするメリット&デメリット

メリット:1クリックで確認できる

例えば、上の使用例のように変更前・変更後の画像がそれぞれ貼られているとします。
記事に貼っている画像が小さい時、クリックして拡大表示して確認しませんか?

その場合、変更前の画像をクリック、変更後の画像をクリック、と計2クリック必要です。それに加え、見比べたい時には画像を切り替えなければなりません。

しかし、1つの画像にすることで1クリックで確認(切り替えが不要)することができます。

メリット:枚数が削減できる

極端ですが、貼り付ける画像が30枚あるとします。
3つの画像を1つの画像に合体することで、10枚に削減することができます。

デメリット:画像が小さくなる

当然のことながら、1つの画像にすると単体で貼る場合に比べて画像は小さくなってしまいます。

使用例の変更前・変更後の画像をそれぞれ単体で貼り付けることにより、横幅いっぱいに広げることができます。

その場合、クリックしなくても確認できる反面、下にスクロールしなければ見えない、といったデメリットが発生します。

スポンサーリンク

さいごに

今回は「複数の画像データを合体して1つの画像として保存する方法」をご紹介しました。

2つ以上のものを比較するときは1つの画像に、それ以外は単体で貼り付ける等、状況によって選択してはいかがでしょうか?
少しでもお役に立てましたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それではまた~!

コメント