天使と悪魔の囁き!あなたはどちらの声に耳を傾けますか?

生活
スポンサーリンク

どうも、kazuです。
先日、ショッキングな出来事がありました。仕事終わりに本屋に立ち寄った時、二つ折りの財布を拾ったのです。

結果的には店員さんに渡したのですが、それまでに自分の中で葛藤がありました。
今回は、財布を拾った直後から店員さんに渡すまでのエピソードをお話します。

スポンサーリンク

財布を拾った直後

いかん、いかんと思いつつ少し飛び出しているお札に目を奪われ、中身を見てしまいました。
そこには何と、6万円もの大金が!
他には免許証や銀行のキャッシュカードが入っていました。

免許証の顔写真を確認して、店内を探し回りました。そして、勝手に中身を見てしまったことを謝罪して、本人に返そうと思ったのです。

冷静に考えると、すぐに店員さんに渡せばすむはずが、かなりテンパっていたんでしょう。そこまで考えが及びませんでした。

そんな時、頭の中からこんな声が聞こえてきたのです。

スポンサーリンク

誘惑する悪魔の声

誰も見てないからとっちゃえよ!
落とした方が悪いんだよ!
このお金があれば好きなものが買えるぞ!
また、みんなで旅行に行けるぞ!

いろいろな声が私を誘惑してきます。

あろうことか、そのまま帰ろうと店の外に出てしまったのです。
自分でも分かるぐらい心臓がバクバク。心の中がズンッと重くなり、ドス黒い「何か」に覆われる感じがしました。こんな気持ちは初めてでした。

そんな時、頭の中からこんな声が聞こえてきたのです。

スポンサーリンク

正気に戻す天使の声

そんなことしたら子供がパパのこと嫌いになるよ!
ずっと探しているかも知れないよ!
絶対困ってるよ!
自分と同じ思いをさせていいの?

この声にハッとしました。

実は私自身、かれこれ10年以上前に財布を落としてしまった経験があります。
中身は1万円以上のお金や免許証、キャッシュカード、クレジットカード、定期券…etc。
結局、見つからなかったのですが、それだけでは終わらなかったのです。

発覚した翌日、すぐに警察へ事情を説明し、キャッシュカードやクレジットカードなどの利用停止の手続きをしました。しかし、私の財布を拾った誰かが免許証を不正利用し、お金をキャッシングしたのです。

数日後、警察に呼ばれ、防犯カメラに写った「誰か」を見たとき、ゾッとしたのを今でも覚えています。最終的に、被害者はキャッシングされたカード会社ということで話が終わりましたが、気分は最悪でした。

スポンサーリンク

財布を店員さんに渡した時

時間にしておよそ5分。
悪魔の声、天使の声が行ったり来たりしながら、ついに決心しました。

「人のものをとっちゃダメ!」

すぐに店内に戻り、店員さんに財布を渡して事情を説明をすると、持ち主が探していたとのことでした。
心の中がフワッと軽くなり、ドス黒い「何か」が晴れていくのが分かりました。

中身を見てしまったことを謝罪しようと、しばらく待っていたのですが持ち主は現れず。仕方なく、店をあとにしました。

スポンサーリンク

さいごに

今思うと、恐らく店内には防犯カメラがあったと思います。最悪の場合、警察のお世話になっていたかも。そうなると妻や息子たちをはじめ、両親や兄弟、友達、勤務先など、周りにどれだけ迷惑がかかるのか計り知れません。

そのままバレなかったとしても、ずっと心がドス黒い「何か」に覆われた状態だったでしょう。罪悪感にさいなまれ、ビクビクしながら生活しなければなりません。そんなの絶対嫌です!

世の中には悪いことを悪いと思わず、全然平気な人もいると思います。今回のようなケースに出くわした時、悪魔の声に支配されてしまう人もいるかも知れません。
この記事を読んでいるあなたはどちらの声に耳を傾けますか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それではまた~!

コメント