高熱が続くと危険!不全型川崎病の症状と退院までの記録

生活
スポンサーリンク

どうも、kazuです。
3歳の息子を突然襲った40度以上の高熱。初めはインフルエンザかもと思ってたんですが、「アデノウイルス」と診断、再検査後「A群溶連菌感染症」と診断されました。

前の記事を先に読んでいただくと発熱からの経過が分かります。
こちらの記事をどうぞ
アデノウイルスと溶連菌の症状の違いは?似ている2つの感染症

溶連菌感染症の場合、抗生剤を投与すれば通常1日~2日で熱が下がるそうなんですが、息子は高熱のままでした。
最終的に診断された病名は「不全型川崎病

アデノウイルス → A群溶連菌感染症 → 不全型川崎病と診断結果がころころ変わったんですが、病院の先生でもそれほど判断が難しいのだと思います。

スポンサーリンク

川崎病とは

  • おもに乳幼児(0歳~4歳)にかかる全身の血管に炎症が起こる病気で特に1歳前後の赤ちゃんがかかりやすい
  • 別名「急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」
  • 発症する原因は不明(少しずつ解明されつつあるようです)

 

スポンサーリンク

川崎病の症状

  1. 高熱が5日以上続く
  2. 全身に様々な形の赤い発疹ができる
  3. 両目の結膜(白目)が充血する
  4. 唇が赤くなり、イチゴ状舌(舌がイチゴのようにブツブツ)になる
  5. 手のひらや足の裏に腫れやむくみがある
  6. 頸部(首)のリンパ節が腫れる

上の6つの症状のうち5つ以上を満たすと「川崎病」、4つ以下だと「不全型川崎病」と診断されます。

息子の場合、1,3,4,6が該当しており、「不全型川崎病」と診断されました。
川崎病が怖いのは合併症や冠動脈瘤(冠動脈にコブができる症状)を引き起こす可能性があることです。それにより後遺症が残ることがあるそうですが、早期治療によりかなりの確率で防げるとのことで少し安心しました。

スポンサーリンク

発熱から5日~退院までの経緯

【5日目】
引き続きあまり元気がなく、食欲もない状態でしたが熱は39度とほんの少し下がりました。ただし、前日からの抗生剤(点滴)投与もまったく効果がなく、再度血液検査をすることになりました。

【6日目】
この日は解熱剤が効いたのか、少し熱が下がりました。それでも38度はありましたが……。あまり声を出さないほど元気がなかったのが少しずつ元気になり、食欲もほんの少しですが戻ってきました。
しかし、夕方頃からだんだん元気がなくなって、解熱剤の効果がきれたのか熱が39度以上に上昇。先生曰く「リンパ節からくる熱かも知れない」とのことでした。

【7日目】
熱は39度以上のままで、川崎病の症状がみられた為、結果的に「不全型川崎病」と診断されました。冠動脈瘤の形成を予防するために免疫グロブリン投与
その日の夕方頃、熱は37.5度まで下がって、だんだん元気になり、食欲も少し戻ってきました。

【8日目】
熱は36度台まで下がり、だんだん元気だった頃の調子に戻ってきました。
また、心電図の検査結果は何も問題なく、食欲も戻ってきました。

【9日目】
引き続き熱もなく、食欲ありあり状態(野菜はなかなか食べてくれない)

【10日目】
引き続き熱は36度台、すっかり元気になりました。
血液検査の結果も問題なく、やっと点滴が外れて嬉しそうでした。
ちょっとフラフラしながらママと病院内の売店まで買い物に行きました。

【11日目】
熱も36度台で、すこぶる元気。
心臓の検査(心電図と超音波(エコー))、血液検査ともに結果は問題なし。

【12日目】
熱も36度台で、すこぶる元気。
「ジュウオウタイガー!」と、いつもの調子(ジュウオウエレファントはどこいった??)
ばぁばぁに買ってもらった「ジュウオウジャー」のパズルに夢中。

【13日目】
熱もなく(36度台)、すこぶる元気
心臓の検査(心電図と超音波(エコー))、血液検査ともに結果は問題なく、無事に退院。9日間の入院生活がやっと終わりました!

当時、入院してから小学生のお兄ちゃんは面会禁止の為、1週間以上も会えず寂しがっていました。お互いに「早く会いたい!」と言っていたのが忘れられません。久しぶりに会った時、3歳の息子は寝起きでご機嫌ナナメ。
それでもお兄ちゃんの、嬉しそうに弟を見る顔は印象的でした。

スポンサーリンク

退院後、気をつけなければいけない事

  • 薬を必ず飲み続けること
  • インフルエンザにかからないこと
  • 水ぼうそうにかからないこと

退院後、処方された薬(バファリン(2か月分、朝食後のみ))を必ず飲み続けなければいけません。また、1ヶ月~2ヶ月間はインフルエンザと水ぼうそうにならないこと。
もし、感染・発症してしまうと脳に障害が生じる可能性(川崎病治療の抗体が関係しているらしい)があるらしく、当時インフルエンザとノロウイルスが流行っていた時期だったのでホントに気を遣いました。

スポンサーリンク

その後の検査

向こう5年間定期的に検査をしなければいけません。退院して初回の検査は1月中旬でした。2回目は3月、3回目は9月・・・とだんだん検査の間隔は長くなっていきます。
検査内容は心臓の検査(心電図と超音波(エコー))で冠動脈瘤(冠動脈にコブができる症状)がないか調べていくことになります。

今現在、3回の定期検査を行ったのですが、いずれも検査結果に問題なく、いたって健康な状態です。というか、以前にもまして元気過ぎるほど元気です。

その後の検査内容と結果はこちら
不全型川崎病の経過観察!定期検査の内容とその結果は?

スポンサーリンク

さいごに

まさか息子がこのような病気にかかるとは思ってもみなかったので、「不全型川崎病」と診断された時は初めて頭の中が真っ白になるほどショックでした。
しかし、必ずしも後遺症が残ったり、治らないといった病気ではないので先生と息子を信じるしかありません。

現在の息子は、しょっちゅうお兄ちゃんとケンカしたり、イタズラしてママに怒られたり、川崎病だったのが微塵も感じられなくらい元気いっぱいです。
少しでも同じような境遇の方の励みになったら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それではまた~!

 

コメント