ブログ記事が書けない時はコレ!マインドマップを使った情報整理法

ブログ運営
スポンサーリンク

どうも、kazuです。
あなたはブログを書く時、何をどう書こうか悩んでいませんか?
頭の中がゴチャゴチャした状態だとなかなか書き始めることができません。
そんな時、思い浮かんだことを全て目に見える形(アウトプット)にするとグッと書きやすくなります。

書く内容を整理する方法として
・思いつくまま、ノートに書き出す
・メモ帳アプリやEvernoteを使う
・整理せず、ぶっつけ本番
など、人によって方法はさまざまです。

そんな時、このツールを使えば頭の中が整理できてスッキリするんです。
そのツールとは、マインドマップ

今回は、マインドマップを使ってどのように頭の中の情報を整理するのかをお話します。

スポンサーリンク

マインドマップとは?

引用トニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

Wikipediaより

簡単に説明すると、頭の中を整理するツール。
中央にテーマを書いて、そこから自分の考えや思いついたことをキーワードや絵を描きながら、放射線状に枝分かれさせていくというものです。

スポンサーリンク

おすすめのマインドマップソフト

マインドマップ作成ソフトは無料のものから有料のものまでさまざまですが、特におすすめなのが「XMind」です。
有名どころでいえば「FreeMind」というソフトもあるのですが、テーマが選べる、直感的な操作、デザインが好き(完全に好みの問題)の理由から、私はXMindを使っています。
どちらも使いやすく無料で使うことができるので、両方試してみるのもアリです。

スポンサーリンク

マインドマップを使った情報整理のコツ

とにかく書いて書いて書きまくる

「これは違うんじゃないか」や「これはこのグループに入るんじゃないか」と最初にいろいろと考えてしまうかも知れません。
あくまでも記事を書く材料を書き出す作業なので、キーワードが単語だろうが文章だろうが全く問題ありません。
誰に見せるわけでもないですしね。
この書き出す作業をしている最中に、キーワードがひらめくことも多々あります。
後から減らす(記事に使わない)ことは簡単なので、考えや思いついたこと、キーワードに関係する情報など、とにかく書き出すことが重要です。

キーワードをグループ化する

キーワードを書き出した後、グループにまとめることができないか考えます。
例えば、独自ドメインに関することで次のようなキーワード(文章)が書いてあるとします。

  1. ブログサービスが終了しても乗換えが可能
  2. 維持費がかかる
  3. 自動転送を防ぐ
  4. 長く運用することで資産となる
  5. インデックス(検索結果表示)に時間がかかる

これをグループにまとめると、1・3・4は「メリット」、2・5は「デメリット」となります。
グループ化することで、この「メリット」「デメリット」を記事の見出しとすることができます。

スポンサーリンク

マインドマップの具体例(私の場合)

実際に私が記事の投稿にあたり、作成したマインドマップをご紹介します。

万年筆の記事を書いたとき

万年筆について3つのグループに分けました。
1つの記事の見出しにしようと思ってたんですが、結果的に「魅力」で1記事、「注意点」で1記事に分けることしました。

その時の記事がこちら
全力でおすすめする筆記具!万年筆の魅力とは?
万年筆の購入を検討している方へ!4つの注意点とは?

Googleアドセンスに合格した記事を書いたとき

アドセンス合格について、6つのグループに分けました。
たくさんのキーワードがありますが、書かなかったものも多いです。

その時の記事がこちら
【2017年10月】ブログ開始20日(申請16日目)でアドセンスに合格!

スポンサーリンク

さいごに

自分の思考や情報を整理する方法はマインドマップ以外にもたくさんあります。
今回お話ししたマインドマップを使わないといけない、ということではなく、自分に合った方法で整理することが大切です。
(マインドマップ推しではありますが)
ほんの少しでも、ブログに何をどう書いていいか悩んでいる方のお役に立てましたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それではまた~!

 

コメント