便秘薬のこんな使い方は超危険!便秘に関する3つの新常識とは?

生活
スポンサーリンク

どうも、kazuです。
便秘に悩んでいるあなた、正しい便秘薬の使い方できていますか?

2017年10月24日に放送された「たけしの家庭の医学」を家族みんなで見ていました。
普段あまりテレビを見ないのですが、妻が便秘気味なので「解消方法があるかもしれない」と思い、私も興味深々。
便秘解消の話ではなかったのですが、知らないことばかりで大変参考になりました。

そこで今回は放送された特集の中から「間違った便秘薬の使い方と便秘の新常識」についてお話します。

スポンサーリンク

教えてくれた先生

今まで2万人以上の腸を見てきたという独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センターの水上健先生。
2017年10月に刊行された「慢性便秘症診療ガイドライン」の作成にも参加された方です。

スポンサーリンク

便秘に悩む60代女性の例

番組で紹介されたのは便秘に悩む60代の女性。
定年退職後、生活のリズムが変わったせいか、2日に1回、3日に1回、4日に1回とお通じが来ない日が増えていきました。
たっぷり野菜を食べるなどの便秘対策を行いましたが、あまり効果は得られず。

それから半年後、5日間も便が出ていないある日、腸に溜まったガスが逆流するような感覚の吐き気に襲われたのです。
翌朝、病院に行くのは恥ずかしいとの思いから、薬局へ行くことにしました。
そこで1番人気の便秘薬を購入し、用法を守り1日1回2錠飲んだ結果、翌朝にはちゃんと排便がありました。

それから、「薬を飲めば出る」と思うようになってしまったのです。
しかし、毎日薬を飲み続けることで次第に2錠では効果がうすれていきました。

1日1回に飲む量が2錠から4錠、4錠から6錠と増えていき、最終的に6錠を朝・昼・夜の1日3回 合計18錠も飲むようになってしまったのです。
それほどの薬を飲んでいるにも関わらず効果はありませんでした。

お通じのことばかり考えることがストレスとなり、それが原因でついに意識を失って倒れてしまいました。
病院へ運ばれたとき、血圧200以上という異常な数値。
診断の結果、「弛緩性便秘」であることが判明しました。

弛緩性便秘って何?

何らかの原因で腸管神経が働かなくなることで、腸の筋肉がゆるんで収縮できなくなり、便を肛門へ運べなくなるというもの。
倒れた女性の腸全体に便が溜まり、パンパンに膨らんだ(押し広げられた)状態でその重みによって変形していました。

間違った薬の使い方

では、なぜこのような結果になってしまったのか?
大量の薬を長期連用の結果、腸管神経が常に刺激され続けて疲れてしまい、ついには反応しなくなったというわけです。
女性が飲んでいた薬は「刺激性便秘薬」で、絶対に長期連用してはいけません。

刺激性便秘薬って何?

腸管神経に直接働きかけて、腸の筋肉を収縮させる薬。
その収縮によって、便が肛門へと運ばれるのです。

スポンサーリンク

便秘の新常識

週に3回排便があれば便秘ではない

「毎日排便がない=便秘」って考えてしまいがちですよね?私もそう思っていました。
忙しい平日には出なくて、週末になると出る人もいるそうです。

刺激性便秘薬の使用は週2回まで

「刺激性」と付いているだけあって、いかにも強そうです。
腸管神経さんがちゃんと働いてくれるよう休ませることが大切ですね。

腸にやさしい便秘薬がある

腸内に水をためて便をやわらかくし、排便しやすく(便を肛門へ運びやすく)する「非刺激性便秘薬」。
用量を守れば毎日飲んでも大丈夫だそうです。

★刺激性と非刺激性の見分け方
パッケージに「刺激性」や「非刺激性」と書いてあるものもあるそうです。
薬剤師に聞くのが1番いいと思います。
恥ずかしいかもしれませんが、背に腹はかえられないということで(汗)

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたでしょうか?
今回は、テレビで放送された便秘に関する情報を紹介という形でお話ししました。
薬は正しく使えば効果がありますが、その使い方を一歩間違えれば逆に命が危険にさらされる恐れがあります。
便秘薬に限らず、使用する薬の用法・用量は必ず守りましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それではまた~!

 

コメント