Bloggerでメニューバー(グローバルナビ)を設置する方法

カスタマイズ
スポンサーリンク

どうも、kazuです。
自分のブログにいつも見てもらいたいページはないですか?プロフィールだったり、好きなカテゴリだったり。

会社やお店のホームページでは、常に表示されているメニューからポチッとクリックすれば「会社概要」や「アクセス」といった情報は、違うページからでも見ることができますよね?
それと同じことがブログでもできるんです。
※テンプレートによっては、最初からメニューバーがついているものもありますが、今回は「シンプル」を選択した方向けに説明します。

スポンサーリンク

そもそもメニューバーって何のこと?

ナビゲーションバー」や「グローバルメニュー」、「グローバルナビゲーション」とも呼ばれます。
誰でも絶対に1度は見たことがある、サイト名の下についているアレです。
百聞は一見にしかず!こやつがメニューバーです。

スポンサーリンク

メニューバーの設置方法

1. Blogger管理画面「レイアウト」 → Cross-Column「ガジェットを追加」をクリック

2. 右のバーを下へスクロール → 「ページ」を選択

3. 表示するページにチェックを入れる → 「保存」をクリック
※初期状態では”ホーム”しか選択できません。

おしまい!お疲れ様した。

さぁ自分のブログを見てみましょう!

ちゃんとメニューバーが設置されましたか?でも、「ホーム」だけではチョット味気ないというか寂しいですよね?

という事で、続いてこのメニューバーに表示する項目を増やす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

メニューバーの項目を増やす方法

結論からお話しすると、「ページ」を書いて「公開」ボタンを押す
で、表示する「ページ」にチェックを入れる
はい。これだけです。

では、実際にメニューバーにページを表示してみましょう!
※「サイトマップ」と「プライバシーポリシー」のページを作成して公開した状態でご紹介します。

1. Blogger管理画面「レイアウト」 → Cross-Columnのページガジェット「編集」をクリック

2. 表示するページにチェックを入れる → 「保存」をクリック

おしまい!お疲れ様した。

自分のブログを表示して確認してみましょう!

 

スポンサーリンク

Bloggerの「投稿」と「ページ」の特徴とその違いは?

いきなり「ページ」をどうのこうのって話をしましたが、「投稿」との違い分かりますか?Blogger初心者は、「投稿」は分かるけど、「ページ」って何?って思うはず。(私がそうでした)
そこで、それぞれの特徴と違いについてお話します。

「投稿」の特徴

  1. 記事ごとにラベルをつけてカテゴリ分けができる
  2. スケジュール(投稿日時)の設定ができる
  3. パーマリンクの設定ができる
  4. 場所の設定ができる
  5. 検索向け説明を設定できる
  6. オプション設定ができる
  7. 「公開」ボタンを押すと、その言葉通り、記事を公開できる

「ページ」の特徴

  1. ラベルをつけてカテゴリ分けができない
  2. スケジュール(投稿日時)の設定ができない
  3. パーマリンクの設定ができない ※URLの途中に「/p」が入る
  4. 場所の設定ができない
  5. 検索向け説明を設定できる
  6. オプション設定ができる
  7. 「公開」ボタンを押しても公開されない

つらつら~っと特徴を書いてみましたが、「投稿」と「ページ」で共通する点は5と6のみで、あとの項目はできる、できないと正反対。
「ページ」ではできる事がかなり限定されていることが分かると思います。(あれができない、これができないって多いですね)

「投稿」と「ページ」の違いは?

投稿」はブログのように時系列でどんどん増えていくもの、「ページ」は内容をほとんど変更する必要がないもの(ほぼ固定)となります。

スポンサーリンク

さいごに

通常、記事が増えていくと、前に投稿したものはどんどん埋もれてしまいます。
すると当然、読者に見てもらう機会が減ってしまいます。(人気記事や関連記事に表示されていれば問題ないですが。)
そんな時、他の記事に埋もれることなく、いつも表示される「ページ」を利用して、特に見てほしい記事をメニューバーに追加してみましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
それではまた~!

カスタマイズ記事をまとめました☆
>>>Blogger/Vaster2のカスタマイズ記事をまとめて一挙大公開!

Blogger/Vaster2のカスタマイズ記事をまとめて一挙大公開!

コメント